読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

korechi’s diary

とある大学院生のブログ

VisualStudio2015で画像ビューアを作る [3]

VisualStudio

前回の記事 korechi.hatenablog.comの続きです。

フォームへダイアログの追加

  1. Toolbox > Dialog > OpenFileDialogとColorDialogをダブルクリック
    フォームデザイナーの下にopenFileDialog1というアイテムを確認できるはずです。
    f:id:korechi:20160712161753j:plain
  2. openFileDialogを選択し、Filterプロパティの値を以下にセット

     JPEG Files (*.jpg)|*.jpg|PNG Files (*.png)|*.png|BMP Files (*.bmp)|*.bmp|All files (*.*)|*.*
    
  3. TitleプロパティをSelect a picture fileに変更

画像の表示

  1. ピクチャの表示ボタンをダブルクリック
    Form1.cs内の***_Click()に移動するはずです。
  2. 以下のようにコードを記入します。

     private void showButton_Click(object sender, EventArgs e)
     {
         if (openFileDialog1.ShowDialog() == DialogResult.OK)
         {
             pictureBox1.Load(openFileDialog1.FileName);  
         }
     }
    
  3. デバッグしてみます
    ピクチャの表示ボタンを押してうまいことできたら成功です!
    今回結構進んだ感じしますね。さりげなくコードのお作法やら学んでいきましょう。

他ボタンの動作

下をコピペすればよいです。各自解読してください。

private void clearButton_Click(object sender, EventArgs e)
{
    // ピクチャを消す
    pictureBox1.Image = null;
}

private void backgroundButton_Click(object sender, EventArgs e)
{
    // カラーパレット選択アイコンを表示
    if (colorDialog1.ShowDialog() == DialogResult.OK)
        pictureBox1.BackColor = colorDialog1.Color;
}

private void closeButton_Click(object sender, EventArgs e)
{
    // Close the form.
    this.Close();
}

private void checkBox1_CheckedChanged(object sender, EventArgs e)
{
    // チェックボックスの値によってピクチャのサイズを変化
    if (checkBox1.Checked)
        pictureBox1.SizeMode = PictureBoxSizeMode.StretchImage;
    else
        pictureBox1.SizeMode = PictureBoxSizeMode.Normal;
}

これで基本操作のチュートリアルは終了です!!お疲れ様でした!
あとはこれを応用して、いろんな機能をつけて遊ぼうと思います。