読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

korechi’s diary

とある大学院生のブログ

CentOS6.6 にNeo4jをインストールする

環境構築

Javaのアップデート

まずJava(TM) 8 にアップデートするためにここからLinux X64用のrpmファイルをダウンロードします
その後ターミナルを使ってインストール

$ sudo yum localinstall jdk-8u40-linux-x64.rpm 

Javaのバージョンは以下のコマンドで確認可

$ java -version
java version "1.8.0_111"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_111-b14)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.111-b14, mixed mode)

また、Javaのバージョンを変えたい場合は

# sudo alternatives --config java
3 プログラムがあり 'java' を提供します。

  選択       コマンド
-----------------------------------------------
   1           /usr/lib/jvm/jre-1.7.0-openjdk.x86_64/bin/java
   2           /usr/lib/jvm/jre-1.6.0-openjdk.x86_64/bin/java
*+ 3           /usr/java/jdk1.8.0_111/jre/bin/java

で変更できる
しかし、JAVA_HOMEの設定が過去のバージョンのままの場合もあるので

# vim /etc/profile.d/jdk.sh
export JAVA_HOME=/usr/java/default
$ source /etc/profile.d/jdk.sh

をしてちゃんとパスが通るようにしておく(PCを再起動したらまたsourceしなおす)

Neo4jのインストール

Neo4jのサイトLinux用のtarファイルをダウンロードし、適当な場所に解凍

Neo4jの起動

cd Neo4jのホーム
# bin/neo4j start
Starting Neo4j.
Started neo4j (pid 5034). By default, it is available at http://localhost:7474/
There may be a short delay until the server is ready.
See /home/Tamura/Workspace/neo4j-community-3.0.6/logs/neo4j.log for current status.

Neo4jの終了

$ bin/neo4j stop

Neo4jのテスト

ブラウザから、

localhost:7474

に接続し、username: neo4j, password: neo4j/neo4j としてサーバーにログインします
接続できない場合は、

$ sudo vim conf/neo4j.conf

で、以下を追記(コメントアウトを外す)するとちゃんと接続できた

dbms.connector.http.address=0.0.0.0:7474
dbms.connector.https.address=localhost:7473
dbms.logs.http.enabled=true
bms.security.auth_enabled=false

logの確認

$ vim logs/neo4j.log